毎月の変動費を固定して、簡単家計管理

ズボラ主婦の私が行なっている家計管理方法です。
毎日家計簿をつけるのは大変だし、管理するお金が大きくなるとあとどれくらい使っていいお金があるのか
よく分からなくなり、思った以上に支出を増やしてしまうことがありました。
なるべく簡単にお財布の紐を閉めることができるように考えた方法です。

目次

はじめに

家族構成

夫(40代)お昼ご飯はお弁当もち
妻(40代)主婦+パート
長男(小1)お昼は給食
長女(年少)お昼はお弁当 

生活環境

・首都圏在住
・持ち家一軒家(住宅ローンあり)
・普通自動車1台

家計は全て私が管理しています。
夫は、少ないお小遣いでやりくりしてもらってます。(しかもその少ないお小遣いで貯金している…)

変動費を固定

支出は、大きく3つに分けています。

支出の種類

1、固定費(住居費・光熱費・通信費など)
→毎月必ずかかる費用

2、変動費(食費・日用品・ガソリン代など)
→必要な費用が毎月違うもの


3、特別費(税金・年払いのもの・車検など)
→年間で支出するもの。我が家は年払いの習い事費や娯楽費もここに入れています。

我が家では、変動費を毎月10万円と固定して、毎日の家計簿はこのお金だけ行なっています。

お給料が多かったり、少なかったりしても毎月10万円!
お給料の中から10万円だけ引き出して、あとは引き落とし用の口座に入れてしまします。
あとはただ、この10万円のことだけ考えて生活していきます。

変動費10万円の予算内容

実際に10万円の予算内容です。

食費(米・酒含む)  7万円
ガソリン代      1万2000円
幼稚園お預かり代     5000円
日用品          5000円
小学校の支払・医療費・他 8000円

      合計     10万円

下着や文房具などの消耗品もここから出します。
娯楽費・衣服費は毎月かかるものではないので、特別費に予算を立てて別会計にしています。
見てわかるようにギリギリ、むしろ足りないぐらい。

でも、その少し足りないぐらいのものを何とか予算の中に収めることにゲームのような楽しさを感じています。
少し気を抜くと、福沢諭吉はすぐにいなくなってしまいます。。。

管理の仕方

この10万円丸々お財布に入れてしまうと、あっという間になくなってしまいます。

元々、あるだけ使ってしまう浪費家なので…


ですので、すぐに残りが把握できるように、半月で5万円として、管理しています。
我が家の給料日は15日なので、その日に5万円お財布に入れ、次の月の1日になったらまた5万円入れるという形です。
お財布の中を見れば、大体いくら使って、あと今月の残りがいくらあるのかパッと分かるようになっています。

家計簿は、Excelでレシートごとに打っていくだけ。


昔は、レシートの買ったもの1つずつ入力してたんですが、家計簿を毎日つけるというのが私の性格には合わず、
1年半ほどでギブアップしました。
もう少し余裕が出たら、細かな家計簿も再開してみようと思っています。

変動費は現金主義

変動費だけは、現金で管理しています。
お財布の中を見るとすぐに支出金額と残金が分かるためです。
細かな家計簿をつけない代わりに、お財布を見ればすぐにわかることが重要だと考えています。
他の固定費や特別費は、クレジットカードを利用して、ポイントもがっちり貯めています!

まとめ

家計簿を1円単位で合わせて、項目ごとの予算を立てて家計管理していた時期がありました。
その結果、我が家の必要なお金がなんとなく見えてきたので、現在は少し楽をしています。

1日3000円として管理する、私のように半月5万円にするなど自分に合ったやり方を見つけて、
楽に財布の紐を締めていくとお金は自然と溜まっていくと思います。
独身時代は、あればあるだけ使っていた私でもできる様になりました。
これからも家族の幸せのために、財布の紐は堅めにしておきたいと思います。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

応援ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

フォローしてもらえると嬉しいです

COMPACT LIFE - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次